FC2ブログ

偶然の図書館の別館

偶然の文学を拾い集めた偶然の図書館の別館です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のつづきに

「二季づつ延びた穢土に生うるは
 遠方の彼の泣草 日雨の余草の根 ハノイへ散るのか?

「出し風 ついに善き羽化のため
 歳負う處女姉妹の水脈引き残したか?

「疾き船出はいつの日か確かめよと
 くつりと笑うミミズク氏
 星屑、耳裏は憑くと夜目貸したか?

「緋の対 派手な吹き矢は難しこの機微を
 身の戒めと王を仕留めたのか?

「憂世にいつ急かし
 鷹載る地平の羽の 昨夜のうちに裂く気なのか?

  (後を春魚に問え)  旅のつづきに 


にきづつのびたえどにおうるはおちのかのなきくさにちうのよくさのねはのいへちるのかだしかぜついによきうかのためとしおうおとめしまいのみおびきのこしたかはやきふなではいつのひかたしかめよとくつりとわらうみみずくしほしくずみみうらはとりつくとよめかしたかひのついはでなふきやはかたしこのきびをみのいましめとおうをしとめたのかうきよにいつせかしたかのるちへいのはねのさくよのうちにさくきなのかのちをはるうおにとえたびのつづきに

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://biblioteca88.blog69.fc2.com/tb.php/532-53f3bd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。