偶然の図書館の別館

偶然の文学を拾い集めた偶然の図書館の別館です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の回文

唾液が「クヒ」と糸引くが、消えた
だえきがくひといとひくがきえた

薄氷のてのひら吸う

うすらひのてのひらすう

試せ靴 きみの撲った震える二粒の実きつく責めた
ためせくつきみのぶったふるえるふたつぶのみきつくせめた

雨後にさまよえし女よ きつく突く月夜 波教えよ(まさに業)

うごにさまよえしおみなよきつくつくつきよなみおしえよまさにごう

やわらかく裂くから『環』や。
やわらかくさくからわや

昏いか?ガラス越しの苦を喉の奥の…死後すらが快楽
くらいかがらすごしのくをのどのおくのしごすらがかいらく

負荷耐えのテクニク手の冷えた寡婦
ふかたえひのてくにくてのひえたかふ

散る雪も積もる/何故か教え子 淫らな歌うたうなら濁声/潮風鳴るも津も消ゆる地 

ちるゆきつもるなぜかおしえごみだらなうたうたうならだみごえしおかぜなるもつもきゆるち

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://biblioteca88.blog69.fc2.com/tb.php/557-04e44c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。